2020年12月7日、VPJ-関西とVYSA-大阪との連携により、「デジタルアートAIにおける人工知能インデジタルアート」の開催に成功しました。イベントのゲストは中津亮平教授と舞アンフン。中津教授は現在、京都大学「計算・メディア研究センター」の客員教授を務めており、現在は京都大学大学院の学生数学を卒業しています。

 

1969年、1971年、1982年、京都大学で工学と技術の学士号、修士号、博士号を取得。1971年から1994年まで、武蔵野と横須賀のNTT研究センターで働いた。この時期の教授の主な研究テーマは、オーディオ信号の処理と適用です。1994年、ATRメディア統合コミュニケーション研究所の研究室の会長としてATR(先進通信研究所)に移りました。2008年から2014年まで、シンガポール国立大学のNUS教授と同時にNUSのインタラクティブ&デジタルメディア研究所の所長を務めました。

研究中、2000年に日本人工知能協会から優秀な科学研究優秀賞を受賞するなど、数え切れないほどの業績を得た。また、日本バーチャルリアリティ協会、IEEE、IEICE-Jなどの著名な学術機関のメンバーでもあります。

50年以上の研究に関する膨大な知識を持つ中津教授は、人工知能、人工知能と芸術的創造性の相関関係に関する新しい洞察をイベントに与えてきました。

 

セミナーは2020年1月3日にVYSA-大阪とVPJ-関西によって開催される予定でしたが、COVID流行の複雑な変動により、イベントは4ヶ月間延期されました。今回の12月7日の再編成では、Zoomソフトウェアシステムによりオンラインで開催されました。

中津先生は、初めに、Aiの学習力学、学習の過程、AIの構成を芸術的な写真で紹介します。次に、サウンド・オブ・イケバナ、オリエンタル絵画、東湖絵画など、さまざまなスタイルの写真制作におけるAIの応用例を紹介しました。

イベントの最もエキサイティングな部分は、おそらくグループディスカッションとQAです。参加者は小グループに分かれており、AIに関連する問題について自由に議論します。ディスカッションのトピックは、プログラムのトピックに包まれているだけでなく、参加者自身が日常生活の中で感じている他の多くの問題にも及びます。

 

QA セクションには、参加に伴う多くの質問があります。教授の質問の一つは、かなり良かったです, "WHOは、アーティストが彼の目標に迅速に移動することができます, それは芸術作品を作成することです. しかし、ある時、誰かがアーティストの仕事を盗んだ(または置き換えた)かどうか"。教授は言いました:「特定の分野にいるかもしれない、ONEは多くの努力をサポートしたり、人間のための完全な置き換えをサポートすることができます。しかし、芸術の分野では、最終的な目的地は美しさです。美の評価が私たちの人々の視点にあること。将来の誰もがより多くを成長させることができますが、人間の創造性も無限と言うことができます。将来画家を完全に置き換えることができる人は誰でも、答えは常に非常に広く開かれています。

プログラムの締め切りが限られているので、教授は皆さんの質問に答えることはできません。主催者と講演者は別の機会にあなたに会っています。中津教授の側では、ベトナムの若い男性の注目に驚いた。

VPJ-関西とVYSA-大阪が最初に開催したウェビナーイベントは、参加への良いフィードバックとともに終了しました。私たちの次のイベントであなたに感謝し、またお会いしましょう。

大阪-12/7/2020

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です