VPJは、多くの学生が打ち明けているのを聞いたことがあります:あなたが仕事に行くために十分な知識とスキルを培ったかどうかはわかりませんか? 教育の道を進むことと、WORKの道に目を向けることの間に、何を選ぶか? あなたの懸念を理解して、VPJ関西は、呼ばれるプログラムの全く新しいシリーズを実装することを決定しました: 勉強アップまたは仕事に行く?

このプログラムは、専門学校、大学、大学院を卒業しようとしている人、または卒業しようとしている人のために特別に実施されています,…卒業後すぐに勉強を続けるか、仕事に行くか疑問に思っていますか?

勉強したり、仕事に行く?は、前の人々が実用的な視点、便利な分析、両方の選択肢の困難をもたらす一連のセミナーです。 トークや仕事に行く?では、さまざまな業界で最も本物の経験である物語を聞く機会があります。

「勉強か仕事か」の最初の番号は、2021年1月9日に放送されたエンジニアリング・グループを卒業したゲストと共に、フイン・ゴック・チャウ氏とル・ティエン・ハイ氏の2人のゲストと共に作られました。

🔖 フイン・ゴック・チャウ氏(別名アサミ・フイン博士。 チャウ・フイン)は現在、備前四九株式会社の共同創設者兼最高技術責任者です。 (日本)、博士の創設者兼CEO。 Cラボ化粧品(米国)。 京都工業大学(工芸)で9年間、学部から修士号まで応用化学を学び、学んだ後、2013年に博士号を取得。 博士課程を経て、株生道、花生など日本の有名な化粧品会社から研究を依頼されました。 日本とアメリカの大手化粧品企業(日本での3年間、ニューヨークでの2年、カリフォルニアでの1年間を含む)の製品研究開発に6年間携わった後、現在の精神的な子供たちに焦点を当てています。

学業やキャリアの実績に加え、学生時代に地域活動に定期的に参加しています。 日本のベトナム人コミュニティーの中でも、京都のベトナム学生青年組合(VYSA)の元会長、また全国のVYSAの元副会長として知られています。 2005年から京都大使を務め、両国間の文化交流や外交交流に多くの積極的な貢献をしてきた(グエン・ミン・トリエット大統領とチュオン・タン・サン大統領が訪日した際の通訳日本の言語・文化講座の講師

 

🔖出勤前の学校路のゲスト代表であるチャウさんと共に、パナソニック家電の新製品開発・経営企画部門のエンジニアであるLe Tien Hai氏もゲストとして参加し、好きな専攻を卒業した直後にキャリアパスに乗り出しました。

ベトナムの高校を卒業後、ベトナムの社会で有名な私立留学プログラムである東大日本語プログラムで日本に向けて出発し、日本で成功を収めた多くの事例を学びました。 新潟県の長岡工業大学(KOSEN)で2年間、工学を学んだ5年を経て、2017年よりパナソニック家電に勤務。

また、日本で学び、日本で働いている間、ベトナムと日本の文化交流活動やドン・ドゥのプログラム活動にも積極的に参加しています。

 

1月9日の会議では、チャウ氏とハイ氏も決定を下す前により良い方向性をアドバイスしました。 わずか1.5時間で、2人のゲストは勉強と仕事のどちらを選ぶかで自分の話を経験しました。 2人のゲストからの有益な共有を通じて、あなたの懸念に答えることを願っています。

最後に、VPJはHuynh Ngoc Chau氏から引用したいと思います、あなたが勉強するか、仕事に行くために2ターンの間に疑問に思っている、あなた自身のための答えを見つけるでしょう。
 「勉強を続けるか、仕事に行く、考慮する4 T(マインド、タイ、愛、お金)に応じて、各人の特定の状況に応じて決定する必要があります。 決断を終えたら、自分の選択に満足し、自信を持って歩いてください。

VPJ-関西

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です