続きを読む: 思考におけるレトリック(パートI)

  1. バイアス確認(確認バイアス)

バイアス確認(確認バイアス)とは、私たちの固有の信念を疑わせる情報を無視して過小評価しながら、バイアスの認識に現在あり、思考や信念を肯定する情報を求める傾向を指します。 例えば、Aは気候変動が深刻な問題であると考えています。その後、Aは環境保護、気候変動、代替エネルギーに関連する物語を求めて読みます。その結果、Aはさらに彼が信じているものを確認し、強化します。

一方、Bは気候変動が深刻な問題であるとは考えていない。その後、Bは気候変動について議論した物語を探して読むだけで、科学者が間違いを犯す理由と人々がどのようにだまされているのか、まだ謎です。その結果、Bは彼が信じているものを確認し、さらに強化し続けました。

仮説の形成と、それが台無しであることを証明するために多くの異なる方法で調べることは、多くの人々と非常に奇妙な行動です。そうではなく、仮説を立てた可能性が最も高く、それが真実であると仮定し、自分の意見を守るために情報を求めるだけです。 誰も新しい情報を望んでいない、彼らはすでに知っている情報を確認したいです

  1. 生きているアリ(サバイバーバイアス)

次の生きているアリについての非常に素晴らしい話があります。第二次世界大戦中、統計ハウスのアブラハム・ウォルドは、軍隊がそれらを補強できるように、爆撃機のしばしば脆弱な位置を統計的に任命され、他の科学者は、彼らが下の多くの赤い点で鎧を強化することに同意しました。

しかし、ウォルドは答え、飛行機が最も少ない赤い点で撃たれた飛行機に戻ることができなかったので、最も赤い点を補強する必要があると言いました。

もう一つの例:「リチャード・ブランソン、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグは、すべて学校を中退し、億万長者になりました!成功するために学校をする必要はありません。起業家は授業で時間を無駄にするのをやめて、早いキャリアを始めるだけです。

リチャード・ブランソンは、彼がそれを選んだので、成功ではなく、その道を選んだにもかかわらず成功しました。ブランソン、ゲイツ、ザッカーバーグを除いて、失敗した他の何千ものスタートアップがいて、銀行債務が積み重なり、彼らがやっていることを中止します。生きているアリは、単に戦略があなたに適していないかもしれないと言っているのではなく、戦略が常に有効であるかどうかを本当に理解していないことを強調しています。

勝者のことを考えても、まだ多くの人が失敗していることを忘れるとき、確実に成功につながる特定の戦略を主張することは困難です。(そして、罠に気づかないと正しい決断をするのは難しいでしょう。

  1. 沈没コストのレトリック(沈没コストの誤り)

まず、沈没したコストが何であるかを調べる必要があります。経済部門では、それは支払われた費用であり、回復することはできません。たとえば、サーバー ハードウェア機器に数百万ドルを投資している企業として、この金額は回収できないため、シンクコストと呼ばれます。コストを検討し、比較する際の決定の原則に従って、沈没のコストは無視することができます。

もう一つの例は、フェスティバルのチケットを購入したと仮定すると、一日が続きますが、熱はありますが、「このチケットを買ったのに、外出しなかった」と思います。

そして、あなたはコストを沈めるためのレトリックでした。あなたはすでにチケットのために支払っているとそれを取り戻すすることはできません。でも、熱が激しく、楽しく楽しむのが出来ない。

したがって、コストを沈めるためのレトリックは、あまりにも多くの時間、お金と労力を投資するので、あなたが何かを続けていることを理解していますが、この仕事は最も賢明な選択ではありません。

  1. 利用可能な経験(ヒューリスティックに影響を与える)

ヒューリスティック可用性は、「利用可能な経験」または「可用性に関する感情的」として理解することができます。ただし、これは問題ではありません。ここでの問題は、この「心理的誤り」は、私たちの脳によって与えられた一般的な間違いを暗示しているということです:最も重要または最も一般的なものだけでなく、簡単に心に現れるものを考慮してください。言い換えれば、私たちは思い出に残る、活気に満ちた印象的な思い出に基づいて、何が起こる可能性が高いかを判断する傾向があります。

例えば、ある人は、祖父が100歳まで生きていて、1日に3つのパケットを吸っていたという根拠に基づいて、喫煙は不健康ではないと主張するかもしれません。

さらに、ハーバード大学のスティーブン・ピンカーが行った研究は、私たちが現在、歴史の中で最も暴力的な時期に住んでいることを示しています。多くの人々が以前よりも平和に暮らしています。殺人者、性的暴行、強姦、児童虐待の発生率は一般的に減少する傾向があります。

ほとんどの人は、これらの統計を聞いて圧倒されていると感じています。信じたくない人もいます。歴史に平和の瞬間があるなら、なぜ今、多くの戦争が起こっているのですか?なぜ私たちは毎日強姦、殺人、犯罪を聞くのですか?なぜ人々は破壊的でテロ行為についてあまりにも多くのことを話すのですか?

「体験」に自信を持ちすぎている方の世界へようこそ!

その答えは、私たちは歴史の中で最も平和な時代に生きているだけでなく、歴史の中で最も爆発的になる時代に生きているということです。災害や犯罪者に関するニュースは、今やあまりにも普及しています。インターネット上での簡単な検索操作は、100年前に送信できる新聞よりも、最新のテロ攻撃に関する無数の情報を受け取ったということです。

全体的なリスクイベントの割合は減少する傾向がありますが、それらの多くは互いに増加する傾向があります。そして、これらの出来事は簡単に私たちの心に入ってくるので、脳は彼らが現実よりも高い頻度で起こると仮定します。

私たちは、私たちが覚えていることの影響を過大評価し、私たちが前に聞いたことがないイベントの人気のためにあまりにも低く評価します。

III。チェックリスト

以下は、あなたがトラップに陥るかどうかを決定するかどうかを確認するために使用できるいくつかの質問です?

  1. 偏った確認
    • どのような指標が本当に事実を見つけるか、コメントの確認のために役立つのか?
    • この決定に反対する数字を見つける必要がある場合、どのような指標がありますか?
  2. エクスペリエンスバイアスが利用可能
    • この決定をもう一度行う必要がある場合、どのような情報が必要ですか?どこで見つけることができますか?
    • 各決定に必要なデータのチェックリストを設定できますか?
  3. アンカー
    • これらの数字はどこから来ていますか?その起源を知ることができるか?
    • このデータは、特定の決定で私たちを導くために与えられていますか?
    • 別のモデルを使用する場合、これらのメトリックはどのように変化しますか?新しい解析モデルを求めることができますか?
  4. 沈没コスト
    • 私たちは過去の経験に夢中になっていますか?
    • 別のポジションに位置している場合、私たちが見ることができる問題は何ですか?
  5. バイアス損失の恐怖
    • 私たちは慎重すぎますか?ここで何が失われ、何が失われますか?
    • このリスクがなければ、どのように決定するのでしょうか?このリスクがある場合、利益率は何パーセントですか?

翻訳: グエン・ホアン・ベト
その他のリソースと参考文献 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です